笠間焼 原陶工房ブログ

RSSの取得

2016年06月08日

ミニミニ個展やってます

陶炎祭では多くのお客様にお出かけいただき、大変ありがとうございました。

マンスリー 005.jpg6月7日から7月24日まで、笠間工芸の丘でミニミニ個展をやってます。

陶炎祭後最初の仕事です。新作のマグカップなど、展示してます。お出かけの機会がありましたら,寄ってみてください

 

 

 

2015年12月10日

オルゴール展やってます

師走の慌ただしさの中にも少しの落ち着きを。陶の小径でオルゴール展やってます。

オルゴール 001.jpg  オルゴール 002.jpg

「巷のファンタジックの夜も冬」 「部屋でノスタルジックな夜も冬」オルゴールは冬が似あう・・・

25日までやってます。

 

2015年09月28日

こんな事も

笠間浪漫に向けて仕事してるんですが、こんな事も起こります。連休中は良い天気が続いたのですが、その後は雨模様の芳しくない天気で。

工場には化粧掛けの品物がずっと待機。昨日午後から少し晴れたので化粧掛けしてみました。

konnnakoto.jpgマグカップのハンドル。日差しも弱かったこともあって、見事落ちました。焦らずもう一日待てばよかったかな。

久しぶりの、良くある、チョンボ

2015年09月17日

表舞台

今日は雨の中、笠間浪漫の各自のテントの場所を決める抽選会が、笠間芸術の森公園の現地で行われました。

え.jpg抽選会場の公園の風景

イヴェントではテントの場所で、正直売り上げも違います。にこやかな中真剣な緊張感も漂っています。

さてこれでテントの場所も決まったことだし、晴れて、あのポットも10月9日笠間浪漫の初日、表舞台の原陶工房のテントにデビュー。皆様のお目に適うと良いのですが

 

 

 

2015年09月13日

舞台裏その7

8月28日その1でご紹介したポット、焼上がりました。

い.jpg窯から出たばかりのポット。隣の黒いポットはその6で紹介した写真のおくの方にある、赤茶けたのがこれです。

これから高台を綺麗に擦り、防水処理をしてようやく完成です。先月の25日くらいから始めたこのポットは凡そ20日くらいかかって完成したわけです。以前から作っていた品物があったお陰でわりと早く焼き上がりました。手っ取りばやく出来る仕事ではないですね。

2015年09月10日

舞台裏その6

今日は大雨の特別警戒が県内に発令される中、窯詰めをしました。原陶工房の窯場は2011年3.11東日本大地震で瓦屋根が大きく破損。雨漏りがひどくバケツに落ちる雨音の合奏なか仕事をしました。

あ.jpg窯詰めされたボタンシリーズのポットです。19時火入れ。明日の午後3時頃に焼上がります

2015年09月08日

舞台裏その5

日曜日粘土作りのかたわら、電気炉で素焼きもやっていました。今朝ほどその素焼きを出しました。

d.jpgその4でご紹介したボタンシリーズのポットです。向こう側に茶色く見えるのは、一緒に作り出した化粧をしないポットです。鉄分の多い笠間の粘土は素焼きしたときには、このような赤茶けた色になります。これから釉薬を掛けて本焼へと向います

2015年09月06日

本日の仕事

今日は日曜日ですがお仕事です。日曜日の仕事はチョット気が乗りません。こんな時は粘土作り。

b 001.jpg小型土練機です。二軸の羽が内向きに回転して、粘土を混ぜながら前方に押し出していくものです。

原陶工房は3種類の粘土を使っています。結構出番が多いです。同じような小型のものがもう一つあります。

b 002.jpg組合が作る笠間粘土。調合されたものです。ご覧のボタンシリーズなど作ります。

b 003.jpg絵付けのものは笠間粘土で作ると絵の具の発色がクリアーでないので、少し白い粘土を混ぜます。

b 004.jpg抜き文シリーズは化粧土で抜いたところが、より色濃く表現したいので笠間土100パーセントに、耐火度のある土を少し混ぜたもの。そんな訳でソコソコ出番があるんです

 

2015年09月03日

舞台裏その4

昨日僅かな晴れ間に白化粧をしたポット。今日は細工です。

h.jpg丸い小さなボタン風に笠間の土を貼り付けてみました。

この細工はボタンシリーズと呼んで、ポットをはじめマグカップ、フリーカップ、酒器、酒盃、ビール飲みなど色々な作品があります。縦に長い器に細工されることが多いです。笠間浪漫でご覧ください。これから乾燥して素焼き、本焼へと進みます

 

2015年09月02日

舞台裏その3

午後ようやくお日様が顔を出してくれました。大急ぎでポリトロ箱にしまってあるポットを、化粧掛けしました。

k.jpgいつもより長い時間しまってあるのでそれなりに乾いて、全体が丁度良い具合になり、手早く仕事が出来ました。

これから細工が待っています。その後素焼き。釉薬を掛けて本焼。まだまだ表舞台に立つには時間がかかります

エントリカレンダー
連絡先
笠間焼 原陶工房
〒309-1611
茨城県笠間市笠間2192-19
TEL/FAX:0296-72-5511
カテゴリーリスト
最近の投稿記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

工房日記ブログ

お電話

ショッピングカート

クロネコ@ペイメント利用店
クロネコ@ペイメント

配送状況確認↓
荷物お問い合わせ

記事検索
お買物ツール
カートを確認 受注製作
ご利用ガイド早見表
Google検索

WWW を検索
サイト内 を検索
Copyright © 2007 原陶工房. All rights reserved.